バーベキューの準備はしっかりと

今年は、お花見のかわりにバーベキューをしました。

予定とメンバー人数が決まってから、買い出しに向かいます。

屋根のない屋外でする時は、天気もしっかり確認します。

また、公園などはバーベキューしてはいけない区域もあったりします。
場所の事前のリサーチも必要です。

インターネットのホームページに、バーベキュー可能な公園がのっていたため、参考にしました。

まず、着火剤、炭、焼き網、紙コップ、箸、紙皿の、備品類を購入しました。


これらは、賞味期限もなく、早めに購入しておくと、当日の買い出しや、下ごしらえの準備が楽になります。

バーベキューコンロや、クーラーボックスの手配もします。コンロはもっていたので、持参しました。


バーベキューといえば、お肉です。お肉は当日に買いました。
バーベキューのお肉の量の目安は、男性一人300グラム、女性一人200グラムで計算します。少ないように感じましたが、ほかに、野菜やおにぎりなども用意したため、ちょうどよい量でした。

ほかに、イカ、焼きそば、ウインナーや、飲み物等も購入しました。
おにぎりはラップにつつんで、洗い物の出ないようにしていきます。


白ごはんを持っていく時も、同じように使い捨ての容器に詰めます。

野菜類は洗ったり、カットして、ビニール袋に種類ごとに入れ、クーラーボックスへ入れます。

もちろんお肉もクーラーボックスに入れます。

保冷剤なども忘れずにいれます。

トウモロコシは硬いので、気を付けてカットします。飲み物は冷やし、ゼリーは凍らせておけば、保冷剤のかわりにもなり、また冷たい状態で食べれるのでお勧めです。
他にサラダなども用意しました。

私がバーベキューする時に必ず持って行く便利な物は、箱ティッシュです。

ウエットティッシュもあれば持っていきます。
子供が小さいときは、手足や顔にも使える、赤ちゃんのおしりふきを使いました。

火を起こすときに使う、うちわ、新聞紙、柄の長いディスポーザブルライターも忘れずに。

そして、いつも私が忘れがちになってしまうのが、後かたずけ用の洗剤やスポンジ、たわしです。

しっかり準備を整えて行きます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9
http://www.nipponkodo.co.jp/shopping/html/products/list.php?category_id=15000
http://www.iju-tsunan.jpn.org/page_shumi-kankou/s-kankou_kankokyokai.html

人気の新宿のAGA治療のことならこちらをご活用ください。

武蔵中原の歯医者の最新情報を公開しています。

京都の日払い技術のご紹介です。

グッズの製作の有益情報にあふれているサイトです。